オンラインレッスンコラム(公的支援制度編)

【2022年度版】オンラインレッスンの立ち上げにIT導入補助金を活用しよう!

2022年度もIT導入補助金の公募が開始されております。IT導入補助金の制度の中には、主に非対面ITツールを導入する企業へ補助金が支給されるものもあり、オンラインレッスンを初めてみたい人は支援を受けることができます。本記事では、2022年度のIT導入補助金に関する情報をまとめました。ぜひ最後まで読み進めてください。

補助金の概要

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を助成してもらうことで、業務効率化・売上アップを狙う制度です。

例えば、「通常枠」(A類型・B類型)の場合、「業務時間の削減」のためのITツール導入費用は支援対象となります。 伝票など紙の証憑類の仕訳入力・保管、支払い業務、請求書の発行業務など、経理業務の手作業をITツールで自動化できれば、担当者の作業時間が短縮できます。

補助金の詳細

IT導入補助金2022は、通常枠(A類型、B類型)、デジタル化基盤導入類型、複数社連携IT導入類型の4種類があり、それぞれ補助対象や補助額などが異なります。

以下の表は、IT導入補助金の通常枠などの対象となる中小企業や小規模事業者の範囲を示したものです。

中小企業者のうち補助対象者(※財団法人などその他の法人を除く一部)

業種資本金または出資金従業員(常勤)
ゴム製品製造業(※一部除く)3億円以下900人以下
製造業、建設業、運輸業3億円以下300人以下
ソフトウェア業、情報処理サービス業3億円以下300人以下
卸売業1億円以下100人以下
旅館業5,000万円以下200人以下
その他サービス業5,000万円以下100人以下
小売業5,000万円以下50人以下
その他の業種3億円以下300人以下

参考:事業概要 IT導入補助金2022

小規模事業者のうち補助対象者

業種従業員(常勤)
宿泊業、娯楽業20人以下
商業、その他サービス業5人以下
製造業その他20人以下

参考:事業概要 IT導入補助金2022

通常枠(A類型、B類型)の概要

A類型B類型
補助金申請額30万円~150万円未満150万円~450万円以下
補助率1/2以内1/2以内
賃上げ目標加点必須
補助対象ソフトウェア費・最大1年分のクラウド利用料・導入関連費

参考:事業概要 IT導入補助金2022

デジタル化基盤導入類型の概要

補助額ITツールパソコンなどレジ・券売機など
5万円~350万円10万円まで20万円まで
5万~50万円50万円超~350万円
補助率3/4以内2/3以内1/2以内
要件1機能以上2機能以上ITツールの使用に資するもの
賃上げ目標なし
補助対象ソフトウェア費・最大2年のクラウド利用料・導入関連費・ハードウェア購入費

参考:事業概要 IT導入補助金2022

wteでオンラインレッスンのプラットフォーム構築を行うときは、デジタル化基盤導入類型のIT導入補助金を利用することになります。経費の2/3(最大350万円)を受給することができ、申請サポートは採用・不採用関わらず無料で対応します。

wteでは、デジタル化基盤導入枠の一次申請の採択率が87%となっており、9割近い企業で採用されています。オンラインレッスンをはじめてみたい人は、一度お問い合わせください。

なお、IT導入補助金のスケジュールは以下となっています。スケジュールに余裕を持って申請できるようにしましょう。

交付申請・事業実績報告通常枠(A・B類型)交付申請期間2022年3月31日(木)受付開始~終了時期は後日案内予定
1次締切分締切日5月16日(月)17:00
交付決定日6月16日(木)(予定)
事業実施期間交付決定~2023年1月31日(火)17:00
事業実績報告期限2023年1月31日(火)17:00
2次締切分締切日6月13日(月)17:00(予定)
交付決定日2022年7月14日(木)(予定)
事業実施期間交付決定~2023年1月31日(火)17:00
事業実績報告期限2023年1月31日(火)17:00
3次締切分締切日7月11日(月)17:00(予定)
交付決定日8月12日(金)(予定)
事業実施期間交付決定~2023年3月31日(金)17:00
事業実績報告期限2023年3月31日(金)17:00
4次締切分締切日8月8日(月)17:00(予定)
交付決定日9月8日(木)(予定)
事業実施期間交付決定~2023年3月31日(金)17:00
事業実績報告期限2023年3月31日(金)17:00
デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)交付申請期間2022年3月31日(木)受付開始~終了時期は後日案内予定
1次締切分締切日4月20日(水)17:00
交付決定日5月27日(金)17:00
事業実施期間交付決定~2023年1月31日(火)17:00
事業実績報告期限2023年1月31日(火)17:00
2次締切分締切日5月16日(月)17:00
交付決定日6月16日(木)(予定)
事業実施期間交付決定~2023年1月31日(火)17:00
事業実績報告期限2023年1月31日(火)17:00
3次締切分締切日5月30日(月)17:00
交付決定日6月30日(木)(予定)
事業実施期間交付決定~2023年1月31日(火)17:00
事業実績報告期限2023年1月31日(火)17:00
4次締切分締切日6月13日(月)17:00(予定)
交付決定日7月14日(木)(予定)
事業実施期間交付決定~2023年1月31日(火)17:00
事業実績報告期限2023年1月31日(火)17:00
5次締切分締切日6月27日(月)17:00(予定)
交付決定日7月28日(木)(予定)
事業実施期間交付決定~2023年1月31日(火)17:00
事業実績報告期限2023年1月31日(火)17:00
6次締切分締切日7月11日(月)17:00(予定)
交付決定日8月12日(金)(予定)
事業実施期間交付決定~2023年3月31日(金)17:00
事業実績報告期限2023年3月31日(金)17:00
7次締切分締切日7月25日(月)17:00(予定)
交付決定日8月25日(木)(予定)
事業実施期間交付決定~2023年3月31日(金)17:00
事業実績報告期限2023年3月31日(金)17:00
8次締切分締切日8月8日(月)17:00(予定)
交付決定日9月8日(木)(予定)
事業実施期間交付決定~2023年3月31日(金)17:00
事業実績報告期限2023年3月31日(金)17:00

WTEにおいて補助される経費

では、具体的にWTEに依頼すると、どのような費用を補助金で賄うことができるのでしょうか。

オンラインレッスン事業立ち上げに必要な機能は以下のようなものがあります。

  • Webサイト
  • ネット予約システム
  • 会員システム
  • 講師ページ
  • ビデオチャット機能
  • 決済システム

これらのオンラインレッスンをするために必要な開発全てがIT導入補助金の対象となります。

WTEに依頼していただき、補助金を受給した事例を3つ紹介します。

  • 英会話教室を運営しており、顧客のニーズ顕在化によりオンラインレッスンを導入することに。300万円を申請し、150万円の補助金を受給することができました。
  • FCの学習塾を運営している会社で、オンライン英会話事業を開始するためにWTEにご依頼いただきました。186万円を申請し、124万円の補助金を受給することができました。
  • 部品工場を運営している会社です。新しい事業として、弁護士資格対策サービスをオンラインレッスンで行うことにしました。186万円を申請し、124万円を受給することができました。

このように、オンラインレッスン事業をするためにIT導入補助金を導入し、自己負担額50万円〜150万円で新規事業をはじめています。

WTEには、オンラインレッスンをするための様々なプランを用意しています。お問い合わせいただいてから、必要な機能をお打ち合わせで決めていく流れになります。

例えば、グループレッスン予約機能やブログ機能、お問い合わせ代行など様々なプランを用意しています。まずはお問い合わせください。

オンラインレッスンを始めるならWTEに相談しよう!

2022年もIT導入補助金の公募が開始されています。

オンラインレッスンを初めてみたい人は支援を受けることができます。WTEにご依頼いただいてオンラインレッスンを始めた会社様は20社を超えています。

一次申請の採択率は87%なので、IT導入補助金を活用したオンラインレッスン予約システムの導入を検討されたい方は、一度お問い合わせください。ビジネスを成長させるお手伝いをさせていただければと思います。

WTE運営事務局

「日本のオンライン教育を促進させる」 を事業ミッションとして、全国の教育事業者様にオンラインレッスンのプラットフォーム「WTE(ワールドトークエンジン)」のご提供をしております。 システムの導入実績はこれまで130社以上。多くのオンラインレッスンサイトでご利用いただいております。