Pocket

オンライン英会話システム「WTE」の機能説明を、動画と共に、説明していきたいと考えています。第2回は講師採用や講師管理についてのお話です。

前回、顧客管理のお話として、会員登録や会員管理機能について説明させていただきました。次に、そのマッチング対象となる講師についての機能を説明させていただきます。WTEでは、出来る限り講師の採用から登録、運用までをスムーズに行えるような仕組み作りと、講師や運営の利便性を考えた画面作りを行っています。

まずは、講師採用から、講師管理までの方法を動画にまとめましたので、こちらをご覧ください。

細かく各機能について見ていきたいと思います。

1. 講師登録(システム管理者画面)

講師の登録方法は2つ、運営側で登録する方法と、講師自らが登録する方法があります。まずは運営側で登録する方法です。システム管理者画面の「講師管理」にて、講師を追加することが出来ます。登録項目は姓名、メールアドレス、スカイプIDの他、住所や電話番号などの情報、また会員が講師を探したり、レッスン予約の際の参考になる、チェック項目による検索タグや自己紹介欄を入力する形となります。

また、システム管理者画面では、登録した講師のレッスン履歴や、講師からの請求管理などを行うことが出来るようになります。

2. 講師登録(講師採用フォーム)

次に講師自らが登録する方法のご説明です。業務上のフローを効率化する上でも、講師自らが登録するフォームは、講師の採用フォームとして活用出来るような画面として作成しております。そのため、サイト側から確認が出来ることや、採用の募集要項などの掲載も出来るように作成をしています。入力項目は、管理者が登録する内容とほぼ同じですが、追加として、応募動機や面接日時の希望日を入力する項目も追加しております。

講師採用フォームから登録を行うと、管理者にメールが送信され、システム管理者画面では、「仮登録」というステータスで1行追加されます。実際にその後面接を行い、講師採用となった場合には、そのままその情報を講師プロフィール情報として利用出来るよう、作成いたしました。

3. 講師プロフィール編集(講師管理画面)

講師管理画面には講師自身が自分のプロフィール情報を編集出来る、講師プロフィール編集画面を設置しております。管理者の方で登録したプロフィール情報への追加を行ったり、ご自身のプロフィール情報を更新していく際にこちらを利用します。また、Youtubeを使い、講師の自己紹介動画やレッスン動画のアップロードも可能です。編集した情報はすぐに会員側の講師プロフィール情報に反映されます。

4. 講師検索、講師詳細ページ

登録したプロフィール情報は、会員側の講師一覧ページ、講師詳細ページにて表示されます。講師一覧ページでは、検索タグや、各プロフィール項目を利用した検索を行うことが出来ます。また、お気に入り登録した講師の一覧表示を行うことも可能です。講師詳細ページでは、実際のプロフィール情報が詳しく閲覧が出来る他、講師のスケジュールや、会員からの講師口コミの確認も可能です。

まとめ

WTEシステムにおける、講師情報の登録や管理についてのシステム設計のお話しをいたしました。オンライン英会話サービスなどの、マッチングサービスにおいて、予約システム以外にも、マッチング情報となる会員管理、講師管理の機能は運営を行う上で必須だと考えております。サービスの基幹となる部分だからこそ、特に力を入れて開発を行っている部分となります。

実際にシステムを見てみたい、システムを触ってみたいとお考えいただきましたら、デモ環境も準備しておりますので、お気軽にお声がけくださいませ。次回は、レッスン予約の説明をさせていただきます。

お問い合わせはこちらから

Webデザイナー兼、制作ディレクター。オンライン英会話「ワールドトーク」の立ち上げ、及び40社以上のオンライン英会話、100社以上のオンラインマッチングサイトの立ち上げに関与。毎月SEOとオンラインマッチングビジネスのセミナーで講師として登壇中。
Pocket