• JPX
  • Pmark

WEBマーケティング

サイトの構成を考える

今回はいよいよサイト制作を始める第一歩として、「構成」についてお話していきます。

サイトの構成を考えるには、「サイトマップ」と「ワイヤーフレーム」の二つを用意することが不可欠です。

サイトマップとはサイトの全体像を図にしたもの、対してワイヤーフレームとはその中の一つのページの構成を図にしたものを言います。

なぜサイトマップとワイヤーフレームを作るのか?

サイトマップとワイヤーフレームは、いわばサイトの設計図のようなものですが、これらがWeb制作に必要な理由は二つあります。

一つは「自分のため」です。

設計図があることで、サイトの完成形を頭の中に思い浮かべることができます。完成形がわかっていることで、過不足のないコンテンツを用意することが可能です。

制作の途中で「これが余分だったな」とか、「あれが足りなかったな」と迷子になってしまうことを防ぎ、頭の整理を行うためにも設計図を用意します。

そして設計図が必要なもう一つの理由は、「制作にかかわるすべての人のため」です。

Web制作は、かかわる人が増えれば増えるほど、コミュニケーションを取るのが難しくなっていきます。

ライティング担当の方は何をすればいいのか、デザイナーはどんなことをすればいいのか、明確に伝える必要があります。

これらの「コミュニケーションツール」として、サイトマップやワイヤーフレームは必要なのです。

サイトマップやワイヤーフレームは誰が作るのか?

サイトマップやワイヤーフレームを作るのは、基本的には制作会社のディレクターです。

ただし、制作を発注した会社の社員の方も、サイトマップやワイヤーフレームの内容を理解することは必要です。

そのサイトで本当に伝えたいことや事業内容は、その会社にいる方にしかわからないからです。

そのため、近年では企業のWeb担当者の方がサイトマップとワイヤーフレームを作成した上でWeb制作を発注するケースも増えています。

実際に作るかどうかは別として、Web担当者であれば可能な限りサイトマップ、ワイヤーフレームの理解度を深めていただくことが、サイトのクオリティに直結します。

WTE運営事務局

「日本のオンライン教育を促進させる」 を事業ミッションとして、全国の教育事業者様にオンラインレッスンのプラットフォーム「WTE(ワールドトークエンジン)」のご提供をしております。 システムの導入実績はこれまで130社以上。多くのオンラインレッスンサイトでご利用いただいております。