• JPX
  • Pmark

WEBマーケティング

ワイヤーフレームの基礎

こちらでは、ワイヤーフレームを作るための基礎用語についてお話していきます。

カラム

「カラム」とは、Webサイトを構成する列のようなものです。

たとえばスマートフォンで表示されるページのほとんどは1列でできているので1カラムのページということになります。

2列のものを2カラム、3列以上のものをマルチカラムと言います。

近年ではスマートフォンの普及によりほとんどのWebサイトが1カラムで作られるようになりました。

かつてはページリンクを張るため複数カラムのページが主流でしたが、今ではサイトのページ数が20ページを超えるようなものでない限りはあまり使われません。

ヘッダー、フッダー

ヘッダーとは、ページ最上部に表示される部分のことです。会社のロゴやメニューが表示されることが多いです。

またフッダーとは、ページ下部に表示される各ページへのリンクの集まりです。コンテンツを閲覧し終わったユーザーが別のページに移動してくれるように、なるべく厚みを持たせて作ります。

ナビゲーション、メインビジュアル

ナビゲーションとは、各ページへのリンクを示したものです。どのページにも表示されているものをグローバルナビゲーション、特定のページにしか表示されていないものをローカルナビゲーションと言います。

メインビジュアルは、トップページで一番最初に目につく個所です。一般的に、複数枚の画像をスライドさせて表示しています。少しでも目を引き、記憶に残りやすいものを用意します。

セクション

Webサイトに載せるテキストは、トップからフッダーまでずっと文章が並んでいるわけではありません。

たとえばトップページであれば「サービス概要」、「サービスの三つのポイント」、「お客様の声」、「お問合せ」といった形で役割ごとに分けてサイトを設計をします。

この役割ごとに分けられた部分をセクションと言います。

WTE運営事務局

「日本のオンライン教育を促進させる」 を事業ミッションとして、全国の教育事業者様にオンラインレッスンのプラットフォーム「WTE(ワールドトークエンジン)」のご提供をしております。 システムの導入実績はこれまで130社以上。多くのオンラインレッスンサイトでご利用いただいております。