• JPX
  • Pmark

オンラインレッスンコラム

  • >
  • オンラインレッスンコラム >
  • 【終了】2020年 働き方改革推進支援助成金 (勤務間インターバル導入コース)を使ったオンラインレッスンサービス構築について

【終了】2020年 働き方改革推進支援助成金 (勤務間インターバル導入コース)を使ったオンラインレッスンサービス構築について

語学教室やフィットネスクラブなど、オフラインのビジネスを行ってきた経営者様がオンラインレッスンを導入するには、チャットツールの購入やホームページの作成、予約システムの導入など、費用が高額になりがちですよね。

オンライン化に伴う費用を抑えるためにも、オンラインレッスンの導入を検討中の経営者様には、働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)の活用がおススメです。

働き方改革推進支援助成金とは?

働き方改革推進支援助成金とは、厚生労働省が行う中小企業向けの助成金支援制度です。

このうち「勤務間インターバル導入コース」を活用すれば、働き方改革の一環でもある勤務間インターバルの導入・拡大に伴う経費に助成金を利用することができます。

勤務間インターバルとは、勤務終了後から次の勤務開始までの休息時間のことを言います。働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防止を図るため、2019年4月から制度の導入が努力義務化されました。

働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)の申請条件は簡単?

働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)を申請するには、勤務間インターバルを9時間以上として新たに規定するか、すでに導入している勤務間インターバルを、一定の要件を満たすよう拡大する必要があります。

しかし恐らく、ほとんどの企業では勤務間インターバルを制度として定めていないのではないでしょうか。

したがって、現時点で勤務間インターバルを規定していない中小企業様は、勤務間インターバルを新たに定めるというだけの理由で助成金を申請することができるのです。

以下、その他の詳細な申請条件の概要を記載いたしました。

  1. 労働者災害補償保険の適用事業主であること
  2. 全ての対象事業場において、交付申請時点及び支給申請時点で、36協定が締結・届出されていること。
  3. 全ての対象事業場において、交付申請時点で、年5日の年次有給休暇の取得に向けて就業規則等を整備していること。
  4. 次のアからウのいずれかに該当する事業場を有する事業主であること
  •  ア 勤務間インターバルを導入していない事業場
  •  イ 既に休息時間数が9時間以上の勤務間インターバルを導入している事業場であって、対象となる労働者が当該事業場に所属する労働者の半数以下である事業場
  •  ウ 既に休息時間数が9時間未満の勤務間インターバルを導入している事業場

  5.次のAまたはBを満たす(中小企業の条件を満たす)企業

(厚生労働省:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000150891.html

活用できる取り組み

働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)を活用できる取り組みは以下の10項目です。

  1. 労務管理担当者に対する研修
  2. 労働者に対する研修、周知・啓発
  3. 外部専門家(社会保険労務士、中小企業診断士など) によるコンサルティング
  4. 就業規則・労使協定等の作成・変更
  5. 人材確保に向けた取組
  6. 労務管理用ソフトウェアの導入・更新
  7. 労務管理用機器の導入・更新
  8. デジタル式運行記録計(デジタコ)の導入・更新
  9. テレワーク用通信機器の導入・更新
  10. 労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新(小売業のPOS装置、自動車修理業の自動車リフト、運送業の洗車機など)

例えば弊社のオンラインレッスン予約システムWTEを、助成金を使って導入する場合は、10の「労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新」にあたります。

助成金額はいくら受け取れるの?

働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)では、経費の4分の3を受け取ることができます(上限額は下記表を参考)。

なお、常時勤務する労働者数が30名以下かつ、労働能率の増進に資する設備・機器等(オンラインレッスンの予約システムなど)の所要額が30万円を超える場合の補助率は5分の4になります。

休息時間数(※)勤務間インターバルの「新規導入」に該当する取組がある場合勤務間インターバルの「新規導入」に該当する取組がなく、「適用範囲の拡大」又は「時間延長」に該当する取組がある場合
9時間以上11時間未満80万円40万円
11時間以上100万円50万円

(※)事業実施計画において指定した事業場に導入する勤務間インターバルの休息時間のうち、最も短いものを指します。

2020年度働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)の申請締め切り

2020年度の働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)の申請は、2020年11月30日(月)までです(必着)。

なお、支給対象事業主数は国の予算額に制約されるため、11月30日以前に受付が締め切られる場合もあります。

※本年度の新規の申請受付については、10月15日をもって終了させていただきました。

助成金の申請はお任せください

弊社では、働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)以外にも、IT導入補助金や、小規模事業者持続化補助金など、助成金についてのコンサルティングを多数行ってきました。

特に2020年になってからは新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、事業のオンライン化に伴う経費、あるいはオンライン化のノウハウに関するご相談を非常に多くいただいております。

また、弊社が運営するオンラインレッスン予約システムWTEは、2012年のサービス開始以来、おかげさまで90社以上のお客様に導入いただきました。

オンラインレッスンに最適な助成金制度、ビジネスモデルを提案させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

WTE運営事務局

「日本のオンライン教育を促進させる」 を事業ミッションとして、全国の教育事業者様にオンラインレッスンのプラットフォーム「WTE(ワールドトークエンジン)」のご提供をしております。 システムの導入実績はこれまで130社以上。多くのオンラインレッスンサイトでご利用いただいております。