• >
  • メディア掲載 >
  • wte(ワールドトークエンジン)とは?オンラインスクール運営を予約から管理まで
メディア掲載

wte(ワールドトークエンジン)とは?オンラインスクール運営を予約から管理まで

  • 投稿日:
  • 最終更新日:
  • 投稿者:WTE運営事務局
  • カテゴリー:メディア掲載

様々な視点からクライアントのマーケティング面の問題解決に着手し、「目標達成にこだわる施策」を実施している「集客のサクセスパートナー」さんに、【wte(ワールドトークエンジン)とは?オンラインスクール運営を予約から管理まで】を掲載いただきました。

今後見込まれる需要からシステムの内容まで大変わかりやすくご説明いただいています。ぜひご覧ください。


新型コロナウィルス禍で、急激に成長したのが、オンラインレッスンです。オンラインレッスンは、自宅でも受講ができるため、移動やレッスン中の接触がなく、感染症対策になります。そこで必要になってくるのが、予約の受付、決済、予約の管理などのシステムです。ここで紹介するのが、wte(ワールドトークエンジン)です。

目次

  1. オンラインレッスンが今後見込まれる需要とは?
  2. オンラインレッスンを行う時に悩んでしまいやすいことは?
  3. wte(ワールドトークエンジン)とは?
  4. wte(ワールドトークエンジン)の有用性の根拠とは?
  5. wte(ワールドトークエンジン)が安心できる理由とは?
    1. 費用面
    2. フォロー面
  6. まとめ

オンラインレッスンが今後見込まれる需要とは?

オンラインレッスンは、特に英会話を中心に拡大しています。コロナ禍が理由で、様々な対面を基本としたスクールがオンラインに移行されました。ヨガやパーソナルトレーニングなどのオンラインフィットネス、プロのカウンセラーからカウンセリングを受けることができるオンラインカウンセリング、遠方に住む優秀な教師から直接指導を受けることができるオンライン家庭教師などがあります。

コロナ禍が落ち着いた後でも、遠方から受講できるメリットがとても大きいため、高い需要は今後も見込まれます。

オンラインレッスンを行う時に悩んでしまいやすいことは?

オンラインレッスンでは、レッスンを提供することよりも管理が問題になります。例えば、以下のようなことが問題が発生していませんか?

  • レッスンのキャンセルを、電話やフォームなどで受け付けて、手動で管理をする。
  • 講師ごとの報酬を記帳して計算しなければならない。
  • レッスンの進捗を記録できる機能がない。欲しい機能がない。そのため、他のシステムを導入することになり、管理が乱雑になっている。

レッスンを提供に付随する管理が乱雑になってしまうと、サービス品質の低下と生産性の低下の原因になります。

生産性の低下は、時間を管理に取られるため、講師の採用面接や集客など売上アップに直接関係のある業務に時間を割くことができません。

そこで、必要になってくるのが、必要な機能をすべて備えた使いやすい管理システムです。

wte(ワールドトークエンジン)とは?

wteは、法人限定のサービスです。問い合わせをする際は、必ず、法人のドメインメールが必要になります。

【PR】wteの資料を請求する

オンラインレッスン予約システムは、stores予約やレゼノバなど様々なサービスがあります。

何を使えば良いかわかりづらいところですが、スクールを運営する場合は、前述の通り、複数のシステムで、予約受付、決済、顧客管理、レッスンの進捗管理をしていては、生産性が下がり、売上に関わる仕事に注力することができません。

wte(ワールドトークエンジン)は、2012年からサービス開始をしている予約システムおよびスクール運営システムです。

予約や決済〜スクール運営に必要な機能を備えています。

詳しい機能については、wteの公式サイトで確認して欲しいのですが、スクールの入会の流れにあったスクール入会からサービスの登録、体験レッスンや月謝の支払い、講師のリクルートまで一つのシステム上で賄うことができます。

それ以外にも、顧客、講師、レッスンの進捗、決済、継続管理することも含まれており、複数のシステムを個々に導入することで発生する重複した入力作業を行わずに済みます。

wte(ワールドトークエンジン)の有用性の根拠とは?

このようなシステムでは、運用実験などを実在する店舗などに導入してもらい調整を行いますが、株式会社ライトアップでは、日本人講師が提供するオンライン英会話スクールを自社で運用しています。会員は、2022年4月段階では、会員数30,000人、講師数300人、月のレッスン数が20,000回であり、会員数20,000人までは担当者は1人で行われました。

自社でオンラインスクールを運営しているからこそ、必要な機能が揃えることができ、1人で10,000人以上のオンラインスクールを運営できるコンセプトを実現することができることになります。

wte(ワールドトークエンジン)が安心できる理由とは?

起業では、できるだけ安く開業するため、とにかくコストの安いシステムを選んでしまいがちです。この場合、あとからスクール運営に足りないことが次々と出てきます。そして、そのシステムの上位版でも機能を補うことができず、別のシステムを導入しなければならないことはよくあります。

wte(ワールドトークエンジン)では、費用面とフォロー面で強みがあります。

費用面

wteの導入は、生産性向上に該当します。そのため、生産性向上を目的にしたそのため、IT導入補助金や事業再構築補助金の対象です。また、株式会社ライトアップでは、助成金のコンサルティングサービスのJマッチも運営しています。そのため、助成金の相談もできます。

フォロー面

株式会社ライトアップでは、オンラインスクールを運営していることもあり、オンラインスクールを構築するためのノウハウがあります。実体験をもとにしたコンサルティングも受けることが可能です。

まとめ

wte(ワールドトークエンジン)では、オンラインスクールの予約受付から顧客管理、そして、講師の採用まで一貫して一つのシステムで運用することができます。

このことで、余分なシステムの追加をする必要性がなく、入力作業も最低限で済みます。これによって、システム運営は1人でもオンラインスクールを運営することができ、無駄な人員を割くことなく、売上アップに集中することができます。

wteは、オンラインスクールの運用を行うための管理システムです。詳しくは、株式会社ライトアップの顧客担当スタッフにお問い合わせください。

WTE運営事務局

「日本のオンライン教育を促進させる」 を事業ミッションとして、全国の教育事業者様にオンラインレッスンのプラットフォーム「WTE(ワールドトークエンジン)」のご提供をしております。 システムの導入実績はこれまで130社以上。多くのオンラインレッスンサイトでご利用いただいております。