• JPX
  • Pmark

WTEオンラインレッスン予約システムについて

不要なキャンセルを防止する!キャンセル期限で講師の準備を無駄にしない

レッスンキャンセル期限設定

レッスンキャンセルのルール設定はサービス設計において必要不可欠なものとなります。
特に防ぎたいのは、予約の直前にキャンセルが入ってしまうこと。講師にとってはそれまでの準備が無駄となるばかりか、報酬も入らないと不満だけが残ります。
運営事務局にとっても、売上に繋がらず、無駄に講師の稼働が消化されてしまうのも大きな機会損失となります。キャンセル期限設定はキャンセルにおけるリスクを減らし、快適な運用を目指しましょう。

「レッスンキャンセル期限設定」の3つのの特徴

特徴1

準備の無駄や仮押さえを防止!
講師のやる気を下げない仕組みを

講師のスケジュール枠は貴重です。
特に人気の講師の場合、予約が埋まってしまいやすく、中にはキャンセル機能を活用し、スケジュールの仮押さえを行う方も出てきます。
だからこそ、キャンセル期限の設定で講師のスケジュール枠を必要な人に届けられるような仕組み作りが必要です。

「レッスン内容から予約」機能をグレードアップ!グループレッスンに対応

特徴2

設定はいつでも変更可能!設定した瞬間からサイトへ反映

キャンセル期限の設定変更はシステム管理画面から簡単に変更が可能です。急なルール変更にも即サイトへ反映が出来るから、システムメンテナンスも改修コストも不要。
システムによるスムーズな運用を実現させることが可能です。

マンツーマンとグループを一括管理!

特徴3

キャンセル課金の情報は詳細に…
会員に正しく理解してもらう

ルールを構築する上で、直前のキャンセルは課金されてしまうことを正しく会員に伝えることは大切です。
直前のキャンセル時にはキャンセル機能に課金されることの説明を目立つように記載。無駄な直前キャンセルを防止するために、ルールの理解はとても重要です。

希望人数に達しないグループレッスンはキャンセルさせることも可能です

キャンセルルールの明確化は無理のない運用体制構築に必須です!

予約システムの構築で最も重要なのはキャンセルの取り扱いについてです。
オンライン予約の利便性は、時に運営にとっての不利益を生み出す仕組みにもなります。だからこそ、キャンセル期限の明確化によって、安全で無理のないルール設定を行いましょう。
WTEでは、オンラインレッスンの肝となる予約に関する様々なルール設定が出来るように、仕組みを構築しております。
もし、少しでも興味をお持ちいただけましたら是非一度デモのお試しをお願いいたします。

WTEの予約関連機能を確認する

レッスン予約期限設定

仮押さえなどの不要なキャンセルを防止し、キャンセル期限で講師の準備や稼働を無駄にしない仕組みを構築いたします。

レッスンキャンセル機能

出来るだけレッスンのキャンセルを減らし、また、トラブルを回避するために考えたキャンセルの仕組みを実装しています。

レッスン進捗報告機能

会員のレッスン進捗を書き込むことで共有し、レッスンの引継ぎ時も問題なくレッスンを実施できる体制を構築します。

デモ利用・資料請求はこちら

この度は弊社WTEにご興味をお持ちいただき、どうもありがとうございます。
システムの導入を検討されている方、セミナーの参加希望やデモ利用など、どんなことでも結構ですのでフォームより弊社までご連絡ください。
担当より折り返しご連絡させていただきます。







    個人情報の取り扱いについて

    • お預かりした個人情報は、サービスに関するお問い合わせ・資料請求への対応および当社サービスのご案内を目的として利用します。
    • 個人情報を第三者に委託、提供することは、事前にご本人さまに同意をいただけた場合、法令等により開示が求められた場合を除き、一切おこないません。
    • 個人情報の登録は、皆様の自由な御判断に任されますが、個人情報の一部を提供していただかない場合には、各種サービスご案内やご希望にお応え出来ない場合があります。
    • 御自身の個人情報について、利用目的の通知、開示、訂正、追加、削除、利用停止、提供停止、消去の請求をおこなう場合は、個人情報お問い合わせ窓口(03-5784-0700)までご連絡ください。

    株式会社ライトアップ
    管理グループマネージャー(個人情報保護責任者)
    (03-5784-0700)


    メディア掲載事例

    これまで数多くのメディアでWTEをご紹介いただきました。

    メディア掲載事例